慎重に選ぶこと|乳児のトラブルは早急に対応|厄介な赤ちゃんのアトピーは治療で改善

乳児のトラブルは早急に対応|厄介な赤ちゃんのアトピーは治療で改善

ベビーとウーマン

慎重に選ぶこと

ママと赤ちゃん

赤ちゃんの肌は大人と比べて皮膚が薄いです。ですので、それだけ紫外線の影響を受けやすいです。紫外線が強い日に外に出る時は日焼け止めを使用したほうが良いです。日焼け止めを使用する場合はきちんと調べることが大事です。成分によっては赤ちゃんの肌に刺激が強すぎる場合があります。赤ちゃん用の日焼け止めが沢山販売されているのでその中から合う商品を探すのが良いでしょう。成分を見るのも大事ですが、日焼け止めを落とす方法もきちんと確認しなければなりません。簡単に落とせる物を選ぶ必要があります。赤ちゃんの肌に残ってしまうとそれが原因で肌荒れを起こすこともあります。それに簡単に落とせなくては赤ちゃんにも親にも負担になります。

赤ちゃん用の日焼け止めは大人の物とは違い、紫外線散乱剤が主成分の物が多いです。紫外線吸収剤が主成分の物は肌に負担がかかりやすいので、赤ちゃん用の日焼け止めには適していません。「SPF」と「PA」という表記があります。この二つの表記が高ければ高いほど紫外線を防ぐことができます。しかしこの二つの数値が高いほど、肌に負担がかかりやすくなります。赤ちゃんに使う場合は数値はあまり高い物を使う必要はないでしょう。必ず使用する前にパッチテストを行う必要があります。いくら成分的に問題がない商品でも、赤ちゃんの肌に合わない場合もあります。肌に塗ってしまって炎症を起こしてしまっては日焼け止めの意味がありません。必ずパッチテストを行い安全確認を行いましょう。