安全で快適な抱っこのため|乳児のトラブルは早急に対応|厄介な赤ちゃんのアトピーは治療で改善

乳児のトラブルは早急に対応|厄介な赤ちゃんのアトピーは治療で改善

ベビーとウーマン

安全で快適な抱っこのため

ママと赤ちゃん

抱きながらの家事が可能

赤ちゃんは、世の中のルールをしっかりと把握していないため、大人の目から見ると危ないという動きをしてしまいがちです。そのため大人は、赤ちゃんを見守る必要があるのですが、四六時中見守っていては、家事などの時間をとることができません。ところが抱っこ紐を使用すれば、赤ちゃんを見守りながら、家事をすることが可能となります。抱っこ紐とは、柔らかなクッションとベルトが一体化した育児用グッズです。まずはクッション部分に赤ちゃんを乗せ、そのまま抱き上げてから、大人の体にベルトを装着するのです。そうすることで、両手を使わなくても抱き上げた状態をキープできるようになります。両手を自由に使用できるので、育児と家事とを両立させやすいことから、多くの人が抱っこ紐を使用しています。

使い分けが大事

抱っこ紐には様々なタイプのものがあり、赤ちゃんの月齢によって使い分けをする必要があります。たとえば生後間もない首や腰の据わっていない赤ちゃんの場合、縦に抱き上げることはできません。首や腰に負担を与え、成長を阻害することになるからです。そのためその場合は、クッション部分に横向きに赤ちゃんを寝かせることのできる抱っこ紐を使用することになります。逆に、首や腰の据わっている赤ちゃんの場合、クッション部分に座らせることのできる抱っこ紐が適しているのです。また、通気性の高いメッシュ生地などで作られた夏用の抱っこ紐もあれば、赤ちゃんの体全体をすっぽりと覆うことのできる冬用の抱っこ紐もあります。赤ちゃんにとって快適な抱っこにするためには、季節によっても抱っこ紐を使い分ける必要があるわけです。